プリウスの値引き交渉について

プリウスの値引き交渉について

トヨタの新型プリウスに乗っています。

 

プリウスイエロー横 

 

前のモデルのおとなしめなエクステリアに比べて
新型プリウスはシャープで先進的な感じがして
初めて見た時は(行き過ぎ!)とも思いましたが
今は見れば見るほどいいですね。

 

でもこの新型プリウスは発売当初で、値引きは本当に厳しいものでした。

 

ましてや「トヨタプリウス」です。
そのブランド力は高く、無理な値引きを頼めば
「では、買っていただかなくてもけっこうです」
となりかねません。

 

プリウスの値引き額はどの販売店でもほぼ変わらず、5万円前後
決まっているらしい新型プリウスでしたが
ある情報を得たために、支払額が思っていたより25万円も少なくてすんだのです。

 

その情報とは?

 

以下にプリウス購入までのいきさつをお教えします。

 

 

プリウスの値引きのいきさつ

 

プリウスイエロー

9月にアメリカのラスベガスで4代目となる新型プリウスが世界初公開されました。
日本でこんなに売れているのに、なぜ、アメリカで? ということですが
アメリカでの「プリウス」というブランドのイメージの高さにあります。

 

そして、モーター・ショーでの発表ではなく、
アメリカのメディアを集め、ウェブ中継も生でという、
いまどきの形を取りました。

 

アメリカでの期待の高さは北米カー・オブ・ザ・イヤーのノミネート車のリストに
当時未発表だった4代目新型プリウスが名を連ねていたということでもわかります。

 

アメリカでブランド・イメージの高まりは、
日本やヨーロッパでのハイブリッド車のイメージも
さらに引き上げることになりました。

 

このように派手に登場した4代目の新型プリウスでしたが

プリウスイエローエンジンルーム

その開発コンセプトは、
「Beautiful Hybrid(美しい地球・美しいクルマ)」で、
プリウスの燃費性能の進化はもちろん、
走りのよさ、ワクワクドキドキを感じさせる運転の楽しさ、
かっこよさを際立たせるエクステリア、先進的な安全性能、
そして災害時に電源供給のためのエネルギー機器になるという
「社会との共存への配慮」もされて開発が進められました。

 

ハイブリッド車のプリウスを買おうかなと思ったのは
実は、この「災害時に電源供給のためのエネルギー機器になる」というのもあって、
自治会の役員としても、有事に少しでも役に立てるかな、と考えたからです。

 

 

日本人として誇れるトヨタの「プリウス」に乗ろうと決めました。

 

 

でもとにかくこの新型プリウスは発売当初での値引きは本当に厳しいものでした。

 

 

プリウスの値引きは厳しかった

 

こんなときは最近何かと頼りになる息子に相談です。

プリウスハンドル

「『新型プリウス』を買おうと思うんだけど。」
と言うと、
「え、あれ買うんだ?」と少し驚きつつも
「プリウスはまだモデルチェンジしたてだから
値引きはほとんどしてもらえないんじゃないの?」
と、いろいろな情報を集めてくれました。

 

 

そんな中で気になったのが

ディーラーで新車でプリウスを買う時に下取りに出す車の査定額は、本当にその車の正しい値段なのか?

ということです。

 

査定してもらうと走行距離や車の状態から
「○年式のこの車種は○○万円ぐらいですね。」
と、ディーラーが提示してきた額を
そうなんだな、と普通に受け入れますよね。

 

その後も値引き交渉をがんばると
「○○さんにはかなわないなぁ。
車両本体価格からの値引きはもう無理なので
下取り査定額を10万円上乗せさせてもらいます。」

 

なんて言われて喜んで契約するというのは
今まで私も経験したことでしたが、ここに落とし穴が。

 

ディーラーはまだ、利益が出るように
下取り査定額を低く言ってきている可能性もあるということです。

 

中古車の値段は年式、車種、走行距離の他
中古車として人気があるものであれば
その色やグレード、また地域によっても
数十万円価格が違うなどということはざらにあります。

 

また、中古車として販売ができない古い車だから、
査定額はつかないと言われても、
海外へもっていくルートがあったり、バラして修理のパーツとして使ったりできれば
値段がつくんです。

 

 

そこで、ディーラーの出す下取り査定額が適正かどうか、見極める必要性が出てきます。 

 

自動車の下取りを考えた時、普通は新車購入時にディーラーで頼みますよね。
他のところ、例えば中古車買取センターのようなところに車を持っていって
査定してもらうこともできます。
でも、1社だけではその査定額が適正かどうかわからないので
2社、3社と査定してもらうとなるともう大変です。

 

 

そんな時に息子が言うには
「ズバット車買取比較」という一括査定サイトを使うのがいいと。

 

 

 

⇒息子がプリウスの値引きのために教えてくれた「ズバット車買取比較」はこちらです。

 

 

 

 

一括査定サイトを利用すれば、査定の申込をするのは、
インターネットの簡単な入力一度きりで、
業者を何か所も回る手間と労力を省くことができます。

 

しかもこのサービスはなんと「無料」だというのです。

 

プリウスイエロー後ろ 

プリウスの値引きのために一括査定サイトを使う

 

「ズバット車買取比較」を使うといくつかの業者が愛車の査定額を出してくれました。
その査定額を見比べて相場をつかんでおいて
新型プリウスの値引き交渉に挑みました。

 

その結果は満足できるもので
私のウィッシュをディーラーが初めに査定した30万円より
25万円も高い額で下取りしてもらうことができたのです。

 

 

国内トップの技術が結集され、走行性能、燃費性能は一段とアップして、
先進安全機能も備えたプリウス。

 

本当に買ってよかったです。

 

プリウスの試乗レポートなども出ていますが
「そう、そう」とニヤニヤしながら見ています。

 

「一括査定サイト」で下取りに出す車の下取り額の相場を調べるといい
と教えてくれた息子に感謝しなくてはね。

 

息子が教えてくれた一括査定サイトはこちら♪

 

▼ ▼ ▼ ▼ ▼